正しいバイアグラの使い方【ED治療薬辞典】

バイアグラの使用説書

バイアグラの使用説書

効果・勃起不全全般

 

バイアグラは精神的、あるいは糖尿病、けがによる男性機能不全に使用する傾向治療薬です。基本的に男性が使用するもので、子供、女性、妊婦に対する使用は対象とされていない。

 

用法・用量

 

経口により成人のみ使用できます。バイアグラは25r、50r、100rの三種類の錠剤があります。一般的には性的活動の薬時間前に50rの錠剤を1錠服用する。バイアグラ本物でないと効果はえられません

 

服用するタイミングは、必要に応じて、性的活動から30分から1時間前ならいつでもよい、服用の頻度は、基本的には一日一回とし、毎日服用することもできますが、できれば、2日から3日に1錠以上服用しないことが望ましいです。

 

効果

バイアグラ

バイアグラの効果は性的刺激がある場合にのみあらわれます。効果の持続次官は個人によって異なりますが、服用後1時間から4時間とされており、服用後2時間を超えるとその効果は弱まってきます。

 

副作用

 

頭痛、顔の浮腫、顔面紅潮、消化不良、鼻の充血、下痢、めまい、尿管感染、視覚異常、発信などです。いずれも軽度で一時的なものであるが、症状が現れた場合には医師に相談することが望ましいです。

 

65歳以上、肝障害、腎障害を持つ人では、バイアグラの血中レベルが増加するので注意が必要です。

 

他の薬との併用

 

エリソロマイシン、ケトコナゾール、シメチジンなどバイアグラの代謝に関連するチトクロームP450阻害薬とバイアグラを併用すると、バイアグラの効果も高まるが、ともに副作用の発生率が上がる。

 

トルブタミン、クルファリン、SSRI、三環系抗うつ剤、チアガイド、ACE阻害剤、カルシウムチャネルブロッカーと併用しても問題はないとされています。

 

高血圧治療薬の服用の有無は、バイアグラを服用しても出現する副作用には関係しないとされています。

 

これは、1997年での見解であり、現状は確認が必要です

 

バイアグラを服用しないほうがいい場合

バイアグラを服用しないほうがいい場合
バイアグラはいろいろな形状のNO供与やニトロを使用している患者の服用は禁忌です。ニトロの血圧降下作用を増強してしまうからです。

 

男性が考える性生活のあり方

 

男性が考える性生活のあり方

EDの症状を訴える男性は、2000年ごろから急に増え続けるようになってきています。原因はいろいろと言われていますが、多くはストレスからくるものであるとされています。

 

もちろん老化が原因の場合もありますが、その症例は昔からあるもので、増えている原因としてはストレスであるようです。

 

男性たちの性生活に関する考え方も、いろいろと変わってきています。男らしさ、健康についての主流の考え方が大幅に強化されると同時に変化してきているのです。

 

例えば男らしさには性行為の遂行など必要ないと主張する男性もいれば、医療がますます促進し、これに頼って健康と幸福を達成しようとする社会に批判的な男性もいるのです。

 

彼らは、男、医療か、バイオテクノロジーについて自分なりの考えを持っていて、男性たちが今の時代における規格化された肉体(社会的に理想とされる肉体の基準)のみならず、男らしさを複雑化しているのです。

 

男性たちは健康的で、若々しく、性的でかつ制御可能であるための社会的・文化的重圧を乗り越えなければならないのです。

 

勃起機能の故障した男性機能の修理など、バイアグラの助けを借りれば朝飯前なのです。肉体的な回復過程、そして男が属する文化はどれをとっても複雑なのです。